Kid'sダンスについて

HIPHOPに限らず
キッズダンス全般に言える事ですが

 

団体を挙げて県内各所の催事等に出演

✳レッスン=上記の為の振り落しの連続

 

こうしたルーティーンに終始するのが

特に地方都市では標準的な様です

これは、
SHOW-CASE 斡旋所
(疑似的な..ですが)とも言える特異なシステムで

結果、
ダンススクール本来の役割とは
随分ベクトルがずれてしまっているのではないでしょうか?

 

もちろん
発表の機会は大切で

当校でも様々な場所へセッティングは致しますが
先ず、ダンスそのものの根幹を伝える
(振付け自体はダンスではありません)事に始まり
日々のレッスンを通して個々の個性と成長を見極めた上で
課題としてある程度余白を残した振りを付ける
という一連の過程を大切にしています

 

絵画教室に例えると分かり易いかと思いますが

構図から絵の具の色まで

先生の指示通りにひたすら描いた作品は

一見上手くは見えるでしょうが

それはその子の創作では無く従順な作業の結果

という事になってしまいますよね?

 

数あるダンスの中でも
HIPHOPはとりわけ個性を重んじるダンスですので
個々の感覚やその奥にあるマインドをダンスとして表現する
その為の手段として技術を教える
というのが、
キッズダンススタジオのあるべき姿だと私達は考えています

 

個人的な事ですが

私より2世代程後がこのダンスを育む環境的に

様々な面で最も恵まれていたのでは?と感じていて

“情報量だけなら”現在はそれを遥かに凌いでいます

ただ、

当初の時代は情報に乏しく、試行錯誤を強いられた経験が後に

厳しい状況になる程生きてくる事に気付きました。

つまり無闇に情報を与えてしまう行為が

本来通るべき生みの苦しみを奪い

上手いけれど心に刺さらないダンスを作ってしまう、

図らずもそうした結果に繋がる事があるのです

 

皆同じ服を着て同じダンスを踊る、

”和”を尊ぶ日本古来のダンスとは

その視点が根本的に違うものだという事を

上記からご理解頂きたいと思います

 

従って当校では
よく見るお揃いのスタジオTシャツ等を敢えて作りませんが
それが同調圧力になったり
不要な帰属意識を持ってしまったり
協調性と靠れ合いの混同を避ける為、
という思いがあります。

 

長野ダンスユニオン 代表 飯田 昌芳

Kid'sダンスについて

HIPHOPに限らず

キッズダンス全般に言える事ですが

 

✳団体を挙げて県内各所の催事等に出演

✳レッスン=上記の為の振り落しの連続

 

こうしたルーティーンに終始するのが

特に地方都市では標準的な様です

これは、

SHOW-CASE 斡旋所(疑似的な..ですが)とも言える特異なシステムで

結果、

ダンススクール本来の役割とは

随分ベクトルがずれてしまっているのではないでしょうか?

 

 

もちろん

発表の機会は大切で

当校でも様々な場所へセッティングは致しますが

先ず、ダンスそのものの根幹を伝える

(振付け自体はダンスではありません)事に始まり

日々のレッスンを通して個々の個性と成長を見極めた上で

課題としてある程度余白を残した振りを付ける

という一連の過程を大切にしています

 

 

絵画教室に例えると分かり易いかと思いますが

構図から絵の具の色まで

先生の指示通りにひたすら描いた作品は

一見上手くは見えるでしょうが

それはその子の創作では無く従順な作業の結果

という事になってしまいますよね?

 

 

数あるダンスの中でも

HIPHOPはとりわけ個性を重んじるダンスですので

個々の感覚やその奥にあるマインドをダンスとして表現する

その為の手段として技術を教える

というのが、

キッズダンススタジオのあるべき姿だと私達は考えています

 

個人的な事ですが
私より2世代程後がこのダンスを育む環境的に
様々な面で最も恵まれていたのでは?と感じていて
“情報量だけなら”現在はそれを遥かに凌いでいます

ただ、
当初の時代は情報に乏しく、試行錯誤を強いられた経験が後に
厳しい状況になる程生きてくる事に気付きました。
つまり無闇に情報を与えてしまう行為が

本来通るべき生みの苦しみを奪い
上手いけれど心に刺さらないダンスを作ってしまう、
図らずもそうした結果に繋がる事があるのです

皆同じ服を着て同じダンスを踊る、
”和”を尊ぶ日本古来のダンスとは
その視点が根本的に違うものだという事を
上記からご理解頂きたいと思います


従って当校では
よく見るお揃いのスタジオTシャツ等を敢えて作りませんが
それが同調圧力になったり
不要な帰属意識を持ってしまったり

協調性と靠れ合いの混同を避ける為、
という思いがあります。

長野ダンスユニオン 代表 飯田 昌芳

Kid'sダンスについて

HIPHOPに限らず
キッズダンス全般に言える事ですが

 

✳団体を挙げて県内各所の催事等に出演

✳レッスン=上記の為の振り落しの連続

こうしたルーティーンに終始するのが

特に地方都市では標準的な様です

これは、
SHOW-CASE 斡旋所(疑似的な..ですが)とも言える特異なシステムで

結果、
ダンススクール本来の役割とは
随分ベクトルがずれてしまっているのではないでしょうか?

 

もちろん
発表の機会は大切で

当校でも様々な場所へセッティングは致しますが
先ず、ダンスそのものの根幹を伝える
(振付け自体はダンスではありません)事に始まり
日々のレッスンを通して個々の個性と成長を見極めた上で
課題としてある程度余白を残した振りを付ける
という一連の過程を大切にしています

 

絵画教室に例えると分かり易いかと思いますが

構図から絵の具の色まで

先生の指示通りにひたすら描いた作品は

一見上手くは見えるでしょうが

それはその子の創作では無く従順な作業の結果

という事になってしまいますよね?

 

数あるダンスの中でも
HIPHOPはとりわけ個性を重んじるダンスですので
個々の感覚やその奥にあるマインドをダンスとして表現する
その為の手段として技術を教える
というのが、
キッズダンススタジオのあるべき姿だと私達は考えています

 

個人的な事ですが

私より2世代程後がこのダンスを育む環境的に
様々な面で最も恵まれていたのでは?と感じていて
“情報量だけなら”現在はそれを遥かに凌いでいます
ただ、
当初の時代は情報に乏しく、試行錯誤を強いられた経験が後に
厳しい状況になる程生きてくる事に気付きました。
つまり無闇に情報を与えてしまう行為が
本来通るべき生みの苦しみを奪い
上手いけれど心に刺さらないダンスを作ってしまう、
図らずもそうした結果に繋がる事があるのです

皆同じ服を着て同じダンスを踊る、
”和”を尊ぶ日本古来のダンスとは
その視点が根本的に違うものだという事を
上記からご理解頂きたいと思います

従って当校では
よく見るお揃いのスタジオTシャツ等を敢えて作りませんが
それが同調圧力になったり
不要な帰属意識を持ってしまったり
協調性と靠れ合いの混同を避ける為、
という思いがあります。

長野ダンスユニオン 代表 飯田 昌芳

Copyright NAGANO DANCE UNION. All Rights Reserved.